おもしろい本があるところ

児童書好きの図書館司書が、子どもたちの「おもしろい本、おしえて!」にこたえて、本の紹介をしようと思います。みなさんのおすすめの本や、読んだ感想などコメントくださるとうれしいです。

あしたもオカピ

あしたもオカピ

あしたもオカピ

 

動物園(どうぶつえん)は好(す)きですか?

 

では、オカピという動物(どうぶつ)のことを知(し)っていますか?

オカピは、シカや馬(うま)に似(に)ています。

顔(かお)はロバに似(に)ていて、体(からだ)の一部(いちぶ)にしま模様(もよう)があります。

私(わたし)はほんものを見(み)たことがありません。

でも、「オカピ」というひびきは面白(おもしろ)くて、耳(みみ)に残(のこ)りますよね。

いつかほんものを見(み)てみたいです。

その時(とき)はきっと

「へぇ、これがオカピかぁ〜」

と言(い)うと思(おも)います。

 

そんなオカピが主人公(しゅじんこう)の物語(ものがたり)です。

ある夜(よる)、動物園(どうぶつえん)のオカピ

変(か)わった月(つき)が出(で)てることに気付(きづ)きます。

それは、半月(はんげつ)をさらに半分(はんぶん)にした、

四つ葉月(よつばづき)と呼(よ)ばれる不思議(ふしぎ)な月(つき)でした。

この珍(めずら)しい四つ葉月(よつばづき)の夜(よる)には、

動物(どうぶつ)たちの願(ねが)いがなんでもかなうのです。

そこでオカピは、

動物園中(どうぶつえんじゅう)の柵(さく)やおりの鍵(かぎ)を開(あ)けておいてください

と願(ねが)いました。

すると、本当(ほんとう)にその願(ねが)いが叶(かな)ったようで、

飼育員(しいくいん)さんは鍵(かぎ)を開(あ)けて行(い)ってしまいました。

オカピはずっと、

動物園(どうぶつえん)にいる他(ほか)の動物(どうぶつ)と会(あ)ってみたい

と思(おも)っていましたので、柵(さく)から出(で)て、

普段(ふだん)はお客(きゃく)さんたちが通(とお)る道(みち)を

てくてくと夜(よる)の散歩(さんぽ)に出(で)かけて行(い)きます。

そして、いろんな動物(どうぶつ)たちと会(あ)いますよ。

さて、他(ほか)の動物(どうぶつ)たちはどんな願(ねが)いを叶(かな)えたでしょう。

オカピと一緒(いっしょ)に

動物(どうぶつ)たちの話(はなし)に耳(みみ)を傾(かたむけ)けてみませんか?