おもしろい本があるところ

児童書好きの図書館司書が、子どもたちの「おもしろい本、おしえて!」にこたえて、本の紹介をしようと思います。みなさんのおすすめの本や、読んだ感想などコメントくださるとうれしいです。

黒ねこのおきゃくさま

黒ねこのおきゃくさま (世界傑作童話シリーズ)

黒ねこのおきゃくさま (世界傑作童話シリーズ)

 

寒(さむ)い冬(ふゆ)の夜(よる)、

眠(ねむ)る前(まえ)にふとんにもぐって本を読(よ)むのは好(す)きですか?

私(わたし)の冬の楽(たの)しみのひとつです。

 

そんな冬の夜にぴったりな本を紹介(しょうかい)しましょう。

 

それは、寒い木枯(こが)らしの吹(ふ)く夜のことです。

ひとり暮(ぐ)らしのおじいさんの家(いえ)にやってきた黒(くろ)ねこは、

寒さにふるえていて、とてもやせて腹(はら)ぺこのようです。

貧乏(びんぼう)なおじいさんは、

週末(しゅうまつ)だけの楽(たの)しみにしていたミルクもパンもお肉(にく)も、

この腹ぺこでかわいそうな黒ねこにあげてしまいます。

そして、(のこ)残りわずかになった薪(まき)も燃(も)やして、

黒ねこを温(あたた)めてあげるのです。

 

おじいさんは、食べるものも部屋(へや)を暖(あたた)める薪(まき)も

全(すべ)て無(な)くなったというのに、

満足 (まんぞく)そうにしている黒ねこを見て、

自分(じぶん)もとても満足(まんぞく)した気持(きも)ちなって眠(ねむ)りにつきました。

 

翌朝(よくあさ)、黒ねこは家を出て行(い)きました。

だけど、そのあと不思議(ふしぎ)なことがおこります。

 

とても温かな気持ちになれるお話(はなし)です。

こんな本を読んで眠ると、きっといい夢(ゆめ)が見れると思(おも)いますよ。